アレルギー性鼻炎に悩む筆者が実際に服用している医薬品『シングレア』について

アレルギー性鼻炎に悩む筆者が実際に服用している医薬品『シングレア』について 実体験

この記事では、アレルギー性鼻炎に悩んでいる筆者が、有効成分のモンテルカストナトリウムを含有しているアレルギー性鼻炎の医薬品『シングレア』を実際に『オオサカ堂』で購入し、服用して『シングレア』の効果などについて書いています。

『オオサカ堂』で個人輸入することや、ジェネリック医薬品を使用することに不安を感じる方も少なくないと思いますが、実際に『オオサカ堂』で購入、服用し、その際に撮影した写真も載せていますので参考にしてくださいね。

アレルギー性鼻炎の主な症状

アレルギー性鼻炎の主な症状って『くしゃみ、鼻水、鼻づまり』とかのこと?

そうですね。主に『アレルギー性鼻炎』の症状としては、『くしゃみ、鼻水、鼻づまり』の三大症状が挙げられます。

ハウスダストや花粉などの『アレルゲン※』が、体内の免疫システムを刺激して様々な症状を引き起こすことが原因とされています。
※アレルゲン(抗原)→アレルギー反応を引き起こす原因物質のこと

季節に関係のない鼻炎は『通年性アレルギー性鼻炎』といい、花粉が原因で起きる鼻炎は『季節性アレルギー性鼻炎』といいます。

アレルギー性鼻炎はなぜ起こるの?

そもそもアレルギー性鼻炎は何が原因で起こるの?

アレルギーは、異物に対する防御システムが働いて起きます。

アレルギー性鼻炎とは一般的に、『ハウスダスト・花粉・カビ・動物の毛』などが原因(アレルゲン)となり、体にとって異物となるこれらのアレルゲンに対して過敏症状を起こしてしまいます。

1、アレルゲンが体内に入ると、まずは異物をなんでも食べる細胞『マイクロファージ』が食べて、その情報を『リンパ球』に伝えます。
リンパ球が異物と認識すると、次に体内に入ってきたらすぐに攻撃できるように、目印となる『抗体』を作ります。抗体は血液や粘膜内にある『肥満細胞』にくっつきます。
2、再びアレルゲンが体内に入ると、抗体のくっついた肥満細胞の表面でアレルゲンと抗体は鍵と鍵穴のように結合します。(抗原抗体反応)
3、これが引き金となり、炎症を引き起こすヒスタミンやロイコトリエン(化学伝達物質)が肥満細胞から放出されます。そうするとヒスタミンは知覚神経を刺激し、くしゃみや鼻水を。ロイコトリエンは鼻粘膜の血管を刺激して鼻づまりを起こします。
アレルギー性鼻炎が起こるしくみ

引用元:くすりと健康の情報局

体内に入ってきた異物を排除しようとして反応が起きるんだね!

アレルギー性鼻炎の症状を抑える方法

アレルギー性鼻炎は体質的なものであり、基本的には薬で治るものではありません。(自然に治る確率は10%前後と言われています)

アレルギー性鼻炎の治療では主に、『保存的治療』と『手術療法』の二種類があります。

【保存的治療法】

1 抗原の除去

これは治療というよりは予防になるのですが、症状を抑えるにはとても大事な方法です。
アレルギーの原因となる物質をこまめに取り除くなど、家庭でできる予防法となります。

引用元:岩野耳鼻咽喉科

2 減感作療法(免疫療法)

体質改善が見込める唯一の方法で、原因となっている抗原を段階的に量を増やしながら体に投与していく方法です。
週に1〜2回程度の注射を少なくとも半年〜1年間続ける必要があります。
しかしながら、複数の抗原にアレルギーがある場合は施工困難なこと、皮膚の発赤、かゆみなどの局所の副作用以外にも稀ですが全身性のショックなどの高度の副作用が起こる可能性があるなどの問題があります。有効率は70%前後と言われています。

3 薬物療法

・抗ヒスタミン剤(抗アレルギー薬)
もっとも一般的に使用されている薬剤です。ほとんどのお薬では長期投与の安全性も確認されています。ただ効果が現れるまでに1週間程度かかることがあり、『眠気、集中力の低下、喉の渇き』などの副作用が現れることがあります。
・血管収縮剤
多くの市販されている点鼻薬に含まれている成分で、即効性があり、鼻づまりによく効きますが、長期使うと効き目が少なく、効果の持続も少なくなります。
また長期使用では薬物性鼻炎と言われる薬が効きにくい高度の粘膜の腫れが起こります。短期間の使用に限定すべきだと考えます。
・ステロイド点鼻薬
効果が強く、効き目が早いといった特徴があります。副腎皮質ホルモンを含んでいますが、多くは粘膜で吸収されるため、全身的な副作用はほとんどないとされています。
ただ、人によっては点鼻そのものが刺激となって症状が出る時があります。

【手術療法】

アレルギー性鼻炎は体質的な疾患で、薬や手術によって体質そのものを変えることはできません。

『手術すればアレルギー性鼻炎が治る』という表現は適切ではないので、鼻粘膜をアレルギー反応が起こりにくい粘膜に変えるとここでは表現しましょう。

つまり、アレルギーが起きても『鼻づまりや鼻水、くしゃみ』が起こりにくい粘膜に変えることは可能になってきています。

アレルギー性鼻炎の手術として、代表的なものとして『レーザー手術(炭酸ガスレーザーやアルゴン凝固術)』があります。

実際にこの手術を受けた約8割の方が日常生活に支障がない程度になり、5割強は7年以上効果が持続し、多くの方は再発した場合でも再手術でコントロールが可能です。

またレーザー手術やアルゴン凝固術が適さない人、効かない人には鼻腔構造を改善する手術と、くしゃみ・鼻水に関与する神経を切断する手術を同時に行う方法が可能です。(後鼻神経切断手術、粘膜下下鼻甲介骨切除術)

この手術は、レーザー手術で効果がなかった方も含め9割以上の方に有効であり、3年間の効果持続が期待できます。

このように、アレルギー性鼻炎の手術療法といっても様々なものがあり、どのような方にどのような手術が適しているのかを判断するためには、それ相応の知識と経験が要求されるため、手術療法を決心する場合には専門性の高い医療機関を受診し、メリットデメリットをよく検討することが大事です。

『シングレア』の外装と中身を実際の写真を交えて説明

実際に購入して服用している筆者が、『シングレア』の外装と中身を写真を撮影して載せています。

今回は『シングレア 4mg』を用いて見ていきましょう。

それでは外装から順に見ていきましょう。

『シングレア』外装(外箱)

『シングレア』の外箱は白と青を主としたシンプルな作りになっています。海外から個人輸入している医薬品になるため、説明は全て英語で書かれています。

また、目の不自由な方にも読めるよう外箱に点字でも記入してあります。

こちらが裏面になります。

『シングレア』の中身

『シングレア』の錠剤は14錠ずつ入ってるPTP包装シートが二枚入っています。

錠剤自体は少し赤みがかった色をしています。錠剤自体にも『SINGULAIR』と『シングレア』の英語表記が刻印されています。

錠剤を口に含むとほのかに爽やかな香りがします。

ジェネリック医薬品では飲みやすいように、色や形、大きさを変えている場合が多いのでよくあることですね。詳しくはこちらの記事でも書いてます。

実際に『シングレア』を購入してみる

筆者が実際に常備薬である『シングレア』を購入しているところは『オオサカ堂』という医薬品を個人輸入で購入できるところです。

値段を見てみても他のところに比べるとめちゃくちゃお得です。

『シングレア』だけではなく、他の医薬品も取り扱っていますのでめちゃくちゃお世話になっています。

一度『オオサカ堂』で常備している医薬品をご覧になってみてはいかがですか?

アレルギー性鼻炎のように、長く飲み続ける薬だと何百円の差が積み重なると結構響きますもんね…

オオサカ堂でのレビューを一部抜粋

『シングレア』と同じ成分でもっと安く購入できるジェネリック医薬品が断然オススメ

『シングレア』にもジェネリック医薬品がもちろん存在します。

『モンテルカスト錠』『モンテルカストチュアブル』『Montairモンテア』というものがあり、今では日本での使用率は実に60%を超えています

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ有効成分で作られており、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全生の確保に関する法律」に基づき、色々な厳しい基準や規制をクリアした薬のことです。

ジェネリック医薬品は、効き目や安全性が新薬と同じだと認められてから世に販売されます。 開発にかかる期間が新薬と比べて短い分、コストを抑えれるため販売価格を安くすることができます。

Montair(モンテア)は、気管支喘息治療薬で、日本国内で承認されている『シングレアチュアブル錠』と同じ有効成分のモンテルカストナトリウムを含有しています。 気道の炎症を抑え、気管支喘息の発作や症状を抑え起こりにくくする薬です。

『Montairモンテア』に含有されている有効成分のモンテルカストは、気管支の収縮やアレルギー反応に関与する物質であるロイコトリエンが、ロイコトリエン受容体に結合するのを抑制することで、気道の炎症を抑えます。
アレルギーは体質的なものですので完治はしません。薬を服用することによってアレルギーの症状を抑えるという表現が正しいです。
またジェネリック医薬品は薬の形状、味を飲みやすく改良も加えているものが多いです。
『シングレア』のジェネリック医薬品であるMontair(モンテア)は、チュアブル錠ですので、水なしで噛んで飲めるのが特徴です。

モンテア オオサカ堂 『オオサカ堂』で見てみると、普段購入している『シングレア』は一箱28錠に対し、こちらシングレアジェネリックのMontairモンテアはなんと150錠でこのお値段です。 150錠入っていて、成分も効果もほぼ同等でこのお値段とはさすが『ジェネリック医薬品』ですね。

毎日服用するとして約5ヶ月分も入ってます。

ジェネリックシングレア Montairモンテア 5mg

こちらはシングレアのジェネリック医薬品で『Montairモンテア』というものです。 チュアブル錠で水無しで噛んで飲めます。なんと苺味なのでお子さんなども飲みやすいかもしれませんね。 この他にもシングレアと同じ有効成分のモンテルカストを含有しているアレルギー性鼻炎のジェネリック医薬品は多数あります。

このままシングレアのジェネリック医薬品を続けて紹介していきます。

ジェネリックシングレア Montairモンテア 10mg

ジェネリックシングレア OnceAIR 5mg

ジェネリックシングレア OnceAIR 10mg

アレジェグラM(Allergegra-M)[10mg+120mg]

こちらはシングレアのジェネリック医薬品ではありませんが、有効成分のモンテルカストだけではなく、フェキソフェナジン塩酸塩を含有しているアレルギー性鼻炎の医薬品になります。 本剤は服用中はグレープフルーツジュース、オレンジジュース、アップルジュースは飲んではいけないなど、シングレアやシングレアのジェネリック医薬品とは注意事項などが異なる場合があるので、詳しくはアレジェグラのページで確認してください。

アレジェグラM(Allergegra-M)[180mg]

コメント

タイトルとURLをコピーしました