アレルギー性鼻炎の医薬品『シングレア』の安全性と副作用は?

アレルギー性鼻炎の医薬品『シングレア』の安全性と副作用は? 安全性・副作用

日常生活に支障をきたすほどのアレルギー性鼻炎に悩む筆者が、実際に服用している医薬品『シングレア』の安全性と副作用について徹底的に調べ、これから使用を検討されている方にわかりやすくこの記事で書いています。

『シングレア』を使ったことがなく、購入するか悩まれている方も簡単にわかるように説明しています。
安全性と副作用は医薬品では本当に心配するところですもんね・・・
それでは早速本題へ入っていきましょう

アレルギー性鼻炎の医薬品の『シングレア』とは?

まずは『シングレア』について説明していきましょう。
『シングレア』とは『モンテルカスト』という有効成分を含有している医薬品になります。
簡単にいうと、一般的に処方される医薬品で主に先進薬といい、後発薬(ジェネリック医薬品)の『モンテルカスト錠』や『モンテア』などがあります。
主に、アレルギー性鼻炎の主な症状である『鼻水・くしゃみ・鼻づまり』や、気道の炎症を抑え、気管支喘息の発作や症状を起こりにくくする薬です。

1日1回経口投与で軽度〜中度の気管支喘息をコントロールし、1年間の長期に渡り有効性を持続。長期間安全に使用できる薬剤です。

ジェネリック医薬品って何?

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ有効成分で作られており、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全生の確保に関する法律」に基づき、色々な厳しい基準や規制をクリアした薬のこと。

ジェネリック医薬品は、効き目や安全性が新薬と同じだと認められてから世に販売されます。
開発にかかる期間が新薬と比べて短い分コストを抑えれるため、販売価格を安くすることができます。
新薬と同じ効果、成分で後から出た分安いお薬ってことね!
その通りです。ジェネリック医薬品はなんとその価格が一般的な新薬よりも価格が2〜5割に設定されています。
生活習慣病のように長い期間飲み続けるお薬や、薬を複数の種類飲まれている場合は特に金額の差が実感できます。

普通「薬」というものは、開発した製薬会社が特許を取ると、約20〜25年の間は、その会社が独占的に製造・販売を行います。

この特許が切れたあとに、開発した会社とは別の会社同じ有効成分を使って製造・販売する薬がジェネリック医薬品と呼ばれています。

開発にかかる期間は新薬だと9〜17年。

ジェネリック医薬品はそれに比べて、すでに有効性や安全生が確認された有効成分を使って開発されるので、なんと3〜5年と開発期間は短くなります。

期間が短い分コストも大幅に少ないので、国が価格を新薬の約2〜5割に設定しています。

具体例として『糖尿病の患者Aさん』の場合

代表的な薬を1日3回、1年間使用した場合だと年間¥6480も安くなります。 服用している薬によってばらつきがありますが、ジェネリック医薬品に変えることによって家計を助けることは間違いないです。

引用元:沢井製薬

アレルギー性鼻炎の医薬品『シングレア』の主な副作用

主な副作用としては、『下痢、腹痛、頭痛、吐き気、肝機能異常、口乾、傾眠、胃の不快感、倦怠感、発疹、かゆみ』などが報告されているみたいです。
このような症状が出た場合は速やかに担当の医師や薬剤師に相談してください。

また稀にですが、以下の症状が出たらすぐに使用を辞めて速やかに医師の診断を受けてください。

冷汗、顔面蒼白、呼吸困難(アナフィラキシー)
息苦しい、顔・下・咽頭の腫れ(血管浮腫)
食欲不振、全身の倦怠感、皮膚や粘膜などが黄色くなる(劇症肝炎・肝炎・肝機能障害・黄疸)
発熱、目の充血、皮膚・粘膜の発疹・紅斑・水泡(中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多型紅斑)
鼻血、歯茎の出血、四肢などの皮下出血(血小板減少)
副作用の発生はアレルギー性鼻炎において、日本国内で行われた臨床試験で1678例中70例(4.2%)となってます。

シングレアを服用する際の注意事項

飲み忘れに気付いた際は、思い出した際にすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近い時は忘れた分の服用はしないようにしてください。
2回分をまとめて服用するとかは絶対ダメなんですね。

摂取してすぐに効くようなものではなく、2〜4週間ほどして効果が現れます。 『シングレア』の服用中は車の運転など危険を伴う機械の操作はしないようにしてください。 モンテルカスト(本剤の成分)に対して過敏症の既住歴のある方は本剤の使用をしないでください。

ジェネリック医薬品と新薬は一体どこが違うの?

ジェネリック医薬品と新薬、価格以外に違いはあるのでしょうか?
ジェネリック医薬品と新薬の大きな違いは、味や形状などを変えて飲みやすく変えていることが多いです。もちろん有効成分とその含有量は同じです。
ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を同じ量使って作られます。 違いがあるのは、薬の形状、色、味、添加物などです。

別の会社が特許を持っていて使えなかったり、飲みにくい薬を飲みやすくしたり、安定性を良くするためにあえてかえる場合もあります。 でもどの薬も効き目や安全生に影響しない範囲と定められています。 また、ジェネリック医薬品は、同じ効き目や安全性が同じだと確認するために「溶出試験や生物学的同等生試験、安定性試験」などの厳しい試験をクリアしないと販売することはできません。

引用元:沢井製薬

ジェネリック薬品の効き目・品質・副作用も新薬と一緒なの?

ジェネリック薬品が安くて安全だということはよくわかったけど、効き目や品質、副作用は新薬と比べてどうなんですか?
ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を同じ量含有しているため、効き目も安全性も同等です。
新薬よりも飲みやすくするために添加剤や色、形が違うものがありますが、効き目や安全性に違いはありません
新薬の開発期間中に効き目や安全性が十分に確認されたものがジェネリック医薬品の有効成分です。
法律※に基づいて厳しい規制・基準を守って開発・製造されます。
その後、厚生労働省の厳しい審査をクリアして新薬と同等の効き目・安全性・品質であることが確認、証明されてから初めて患者さんに届けられます。

※(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律) ジェネリック医薬品の有効成分は、新薬の特許期間中に効き目や安全性が十分に確認されたものです。 国で定められた4項目の試験を実施しており、これらの試験で品質・効き目・安全性を保証してあります。

引用元:日本ジェネリック製薬協会

ジェネリック医薬品は実際にどのくらい使われているの?

実際にジェネリック医薬品はどのくらい使われているの?

ジェネリック医薬品は世界的に使われており、日本ではそこまで浸透していませんが、それでも72.6%ほど使われています

世界ではジェネリック医薬品は割と一般的で、WHO(世界保健機構)も使用推進しております。
イギリス、ドイツ、フランスなどの医療先進国では普及率は70%以上アメリカでは90%がジェネリック医薬品となっています。

今現在、国民医療費が年に1兆円も増加しており、国民皆保健制度の負担が増加しています。自己負担の軽減だけではなく、将来の世代に負担を先送りにしないためにも、安価で新薬と同様の効果が得られるジェネリック医薬品の使用が求められています。

引用元:日本がもし1000人の村だったら?

ジェネリック医薬品や『シングレア 』を購入するなら『オオサカ堂』が安心安全で最安値

アレルギー性鼻炎の症状を抑える医薬品の『シングレア 』を購入するなら『オオサカ堂』が安心安全で最安値で購入できます。

筆者はが使用している『シングレア』も『オオサカ堂』で実際に購入して服用してます。

実際に購入される際は、用法容量を守って正しく扱いください。

『シングレア』と同じ成分なのに、安く購入できるジェネリック医薬品が断然オススメ

『シングレア』にも、もちろんジェネリック医薬品が何種類か存在します。 『モンテルカスト錠』『モンテルカストチュアブル』『Montairモンテア』というものがあり、今では日本での使用率は実に60%を超えています

『モンテルカスト錠』『モンテルカストチュアブル』『Montairモンテア』というものがあり、今では日本での使用率は実に60%を超えています

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ有効成分で作られており、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全生の確保に関する法律」に基づき、色々な厳しい基準や規制をクリアした薬のことです。

ジェネリック医薬品は、効き目や安全性が新薬と同じだと認められてから世に販売されます。 開発にかかる期間が新薬と比べて短い分、コストを抑えれるため販売価格を安くすることができます。

Montair(モンテア)は、気管支喘息治療薬で、日本国内で承認されている『シングレアチュアブル錠』と同じ有効成分のモンテルカストナトリウムを含有しています。 気道の炎症を抑え、気管支喘息の発作や症状を抑え起こりにくくする薬です。

『Montairモンテア』に含有されている有効成分のモンテルカストは、気管支の収縮やアレルギー反応に関与する物質であるロイコトリエンが、ロイコトリエン受容体に結合するのを抑制することで、気道の炎症を抑えます。
アレルギーは体質的なものですので完治はしません。薬を服用することによってアレルギーの症状を抑えるという表現が正しいです。
 
またジェネリック医薬品は薬の形状、味を飲みやすく改良も加えているものが多いです。
『シングレア』のジェネリック医薬品であるMontair(モンテア)は、チュアブル錠ですので、水なしで噛んで飲めるのが特徴です。

『オオサカ堂』で見てみると、普段購入している『シングレア』は一箱28錠に対し、こちらシングレアジェネリックのMontairモンテアはなんと150錠でこのお値段です。 150錠入っていて、成分も効果もほぼ同等でこのお値段とはさすが『ジェネリック医薬品』ですね。

毎日服用するとして約5ヶ月分も入ってます。

ジェネリックシングレア Montairモンテア 5mg

こちらはシングレアのジェネリック医薬品で『Montairモンテア』というものです。 チュアブル錠で水無しで噛んで飲めます。なんと苺味なのでお子さんなども飲みやすいかもしれませんね。 この他にもシングレアと同じ有効成分のモンテルカストを含有しているアレルギー性鼻炎のジェネリック医薬品は多数あります。

このままシングレアジェネリックを続けて紹介していきます。

ジェネリックシングレア Montairモンテア 10mg

 

ジェネリックシングレア OnceAIR 5mg

ジェネリックシングレア OnceAIR 10mg

アレジェグラM(Allergegra-M)[10mg+120mg]

こちらはシングレアのジェネリック医薬品ではありませんが、有効成分のモンテルカストだけではなく、フェキソフェナジン塩酸塩を含有しているアレルギー性鼻炎の医薬品になります。 本剤は服用中はグレープフルーツジュース、オレンジジュース、アップルジュースは飲んではいけないなど、シングレアやシングレアのジェネリック医薬品とは注意事項などが異なる場合があるので、詳しくはアレジェグラのページで確認してください。

アレジェグラM(Allergegra-M)[180mg]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました